SEO対策

当社ではロングテールを狙ったSEO対策を推奨しています。 ロングテールSEOではヤフーやグーグルといった検索エンジンの検索回数が多い「ビッグキーワード」を狙うのではなく、検索回数が少ないニッチキーワードを狙います。 検索回数が少ないキーワードでSEO対策を行うことで見込み客のアクセスを増加させ、お問い合わせや資料請求などのサイトの成果に繋げます。




ロングテールワードの場合、ニーズがより明確となるため、ロングテールSEOをかけたページに検索ユーザーが流入した時に、ページ内で提供する内容とユーザーの求めるコンテンツとが高い確率でマッチングします。たとえば「ホームページ制作」だけで検索するよりも、「ホームページ制作 安い」と検索するユーザーのニーズのほうがどういった悩みを解決したいのか、より明確になります。


安定的なアクセスアップ
「ホームページ制作」などのワードにアクセスの大半が集中していると、Yahooのインデックス更新やアルゴリズム更新などで 大幅な順位変動があったときに順位下落による事業リスクが非常に大きなものになってしまいます。 その点、ロングテールSEOでは、数十・数百といったキーワード数で上位獲得しているため、インデックス更新や アルゴリズム更新があっても必ず何割かが上位に残り、一定の安定的なアクセスを確保することが可能です。

高い費用対効果
ロングテールワードは、検索回数の少なさからメインのSEOキーワードとしては扱われません。 したがって、多くの場合 「競合が一人もいない」という競合が多々あります。 よって、上位獲得のために費やすべきコストが抑えられ、高い費用対効果を実現できるのです。

Copyright(c) 2007 S&B Corporation Inc. All Rights Reserved.